トップ

二次会を手作りで

二次会案内状を手づくりで

二次会案内状はメールより手作り

結婚が決まったら、まずは結婚式の準備や決めごとがたくさんありますが、同時に二次会の準備もスタートします。
結婚式の日取りが決定したら、その後に行う二次会の案内にも取り掛かりましょう。
最近では、メールで出席の確認を行うのが主流となっています。思い立った時に、招待したいゲストに向けてすぐ発信することができますし、同時に複数の人に一括送信すれば手間も費用もかかりません。
ただ、メールを確認してもらえたかが分かりづらいですし、出席や欠席の返事も、受け取った相手の気分やタイミングで手軽に返信できてしまいます。結婚式の招待状は、式場でデザインや内容がおおよそ決まったひな形があり、それを利用する人が多いでしょうが、二次会の招待状は、ここ一番二人で好きなデザインを用いて手作りしてみませんか。

二次会の景品選びはこちらを参考に。

手作りの二次会招待状は、二人の写真やイラスト、おしゃれなデザインやフォントのWEBコンテンツを使うと、比較的かんたんに作成することができます。手軽にメールで送る案内と違って、こだわりが感じられるペーパークラフトの案内状は、招待客にとっても良い印象を与え、ゲストが思わず出席に丸をしたくなるでしょう。
二次会の案内状を作る前に、まずはゲストのリストアップを行います。そして、披露宴にお誘いしている人へは、披露宴の招待状に同封して案内を出すのが理想的です。
二次会の招待状には、開催する日時と曜日、受付と開宴の時間を必ず分かりやすく記しましょう。会場の名前と住所電話番号を載せて、駐車場の有無や公共機関を使ってのアクセス方法なども併せて記載します。

ゲストが気になる会費と、出欠の返事締め切り日を忘れずに載せておきます。返事の宛先は幹事にして、幹事が誰かを招待状でも皆にお知らせしておきます。二次会当日の連絡先ともなりますので、可能なら幹事への連絡先(電話番号かメールアドレス)を載せておくとよいかもしれません。